flipbook.in

今年こそパラパラまんが始めよう。
みんなでつくるパラパラまんがはflipbook.in

 
パラパラ再生中...
続きを描く - 新規で描く
作成されたGIF: GIFをダウンロード

ホラー小説人からの第一作目

ホラー小説人 08/12/28 11:26
コメントを書く(61件)
怖い話しの自作ネタです。楽しんでいってください

ブログ用タグ
最近の投稿







ホラー小説人からの第一作目 に対してのコメント
なまえ Email
61  ¤«¤ß¤µ¤Þ  08/18 12:39
¤ª¤Þ¤¨¤é¥Ð¥«¤«¡¢»à¤Í¤È¤«¤³¤³¤Ç¸À¤Ã¤Æ¤ó¤¸¤ã¤Í¡¼¡£¥Ñ¥½¥³¥ó¤ÎÃæ¤À¤±¤Ç¤·¤ç¤»¤ó»¨µû¤¬
60  haru  11/21 13:16
¤ï¤¿¤·¤â¤Ï¤¤¤ë¡ï
59  Æü¾ÂÁÔÂÁ  11/15 18:15
¥¤¥¤¥Í
58  Æü¾ÂÁÔÂÁ  11/15 18:13
¥Ï¥ä¥¯¥«¥±¥ä
57  、・bl・:kk  07/13 16:36
:m:lhpigoiul
56  武士髑髏(魔王)  07/08 19:47
掲示板でやってくれます?
55  ネコー  07/02 20:15
こわぁーい
54  でくらっくす  10/01 17:10
めっちゃこわい
53  にゃー  05/28 15:37
寒気が・・・(自分で言うけど、根性無し)
52  ゼガノス  04/22 17:33
おお、こわいこわい。
51  saki  02/16 16:35
なに?チャット?はいる♪
50  ジョニー  01/18 08:44
ぶぶぶbww
49  ジョニー  01/18 08:44
弱音はいてんじゃねえよw(゜゜)
48  ジョニー  01/18 08:42
ttttt
47  マーガレット*  01/03 13:12
おいおい・・・。
46  LOVE  01/03 11:55
私も
パクリます!
45  ピートル  01/03 10:48
ホラー物語パクっていいですか?
いいの!じゃあ書いてみる
44  ピートル  01/03 10:39
めっちゃコメントありますネェ・・・・ww
43  マーガレット*  01/03 09:11
うわーおっ
ココでチャットやってんの?
42  ぴか  01/02 17:39
みんな居ないの???
41  ぴか  01/02 17:38
♪俺の・俺の・俺の話を聞けっえぇ?♪
40  ぴか  01/02 17:37
みんな来るかなー
39  ぴか  01/02 17:36
↓間違えました^^スマソ
38  ぴか  01/02 17:35
これを見た人に次ぐ!明日の(1月3日午前9時にここであいましょう!)
37  ぴか  01/02 17:34
どっちなのー?
36  ぴか  01/02 17:34
いるのー
35  ぴか  01/02 17:34
いないのー
34  ぴか  01/02 17:33
おーい誰か居る?
33  同意www  01/01 17:44
↓問題が出てるんだよ!!石川県の皆さん25番見なさい!!
32  同意www  01/01 17:43
↓ぴかの言ってる都道府県ねw
31  同意www  01/01 17:43
ないよー
30  ぴか  01/01 17:42
あった…すいません石川県の皆さん…ホントにスミマセン……
29  ぴか  01/01 17:40
そんな都道府県無いよーw
28  同意www  01/01 17:40
石川県!
27  ぴか  01/01 17:39
ぶぅぅー
26  同意www  01/01 17:39
岩手県?
25  ぴか  01/01 17:39
あ からさまに
い しの名前入り(漢字の中に入る)
う みは見えないかも?
え んとつみたいな形の都道府県
お しまい
 
24  同意www  01/01 17:34
最後のチャンス……

















23  ぴか  01/01 17:32
荒らし?
22  同意www  01/01 17:31
はぁお前頭いっちゃてるね死ねば?
21  ぴか  01/01 17:29
怒りメーター
|!!!!!!!!!!!!!!!!!|
↑目盛りがいっぱいw
20  同意www  01/01 17:28
しらねぇよそんなの
早く教えろや!!むかついてきてんだよ!
19  ポケモン→ぴか  01/01 17:27
名前変えましたw詳しくは↑をご覧ください
18  同意www  01/01 17:25
はぁ???ヒ・ン・ト・は???
17  ポケモン  01/01 17:24
ちなみに何部?
16  同意www  01/01 17:24
えぇぇっぇえ
ヒントは???
15  ポケモン  01/01 17:23
www変な顔文字www
14  同意www  01/01 17:23
俺らだけ??そんなのどうでもいい【=3=】;
ヒントを早くぅぅぅ
13  ポケモン  01/01 17:21
ゴメンだけど……無理^^;ヒントだけなら良いよwww
ってかチャットしてんの俺らだけだね……^^;
12  同意www  01/01 17:19
まぢ???俺も15なんだけど……!!
どこ住み?もしかしたら近いかも住んでるとこ!!
11  ポケモン  01/01 17:18
俺は15!!受験生だよー^^どこに住んでいるかわ教えないなぁ……ごめんね;
10  同意www  01/01 17:16
じゃぁまず、最初の話題!!
話題【皆さんは何歳?それとどこに住んでいる?】をわだいにしまーす^^
ポケモン  01/01 17:15
ホラー小説人に聞かなくて良いの?
ついでに俺も同意!!……あぁそうかホラー小説人ここ見てないかもしんねーなwww
すいまへん皆さん!!
同意www  01/01 17:13
www名前が言葉かいwww
チャットに使いましょー!!
チャットに使いたいんだけど同意の人いる?  01/01 17:11
 
>>5 名前おかしいw  01/01 17:10
>>5 最初の1行だけ同意w
でも俺はこの詩楽しいと思うぞぉ!!
ってかみんな、書き込み早くね? 
小田和正の歌全般的にって声高くねぇ?  01/01 17:07
ってか書き込まれた時間的にたったあれだけで2時間てwww書くの遅すぎ……
しかも最後の結末ほんの3行ぐらいで怖い所どころか、
全部おわってるしwwwしかも未解決のまま……
もっと面白いの頼むはwww
Yes! We! 缶  01/01 17:01
何か……書いてあるところが所々おかしな表現になってたりわけわからんとこあるんだけど……
あんま評価できないなぁ……
noname  12/28 13:32
おぉ?怖いですね!
また何か書いてください!!次回作楽しみにしています!!
ホラー小説人  12/28 13:28
始まりは7月20日午前10時だった。
この日は凄く暑かった。白銀に輝くアイスはこの蒸し暑い夏には最高の一品だった。
僕の家族は4人で今日は妹の誕生日である。この日は一家でキャンプに行くことになった。
まさかこんな事になるなんて誰が想像しただろう
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
僕は窓の外に目をやった。ただただ通り過ぎて行く松の木や白樺の木……奥に行くにつれて森はいっそう生い茂るジャングルのようになっていった……「いったい、いつになったらキャンプ場につくのさ?」と訪ねたが誰も返事をしなかった。
僕はあきれたようにドカッとシートによしかかった。どれくらいの時間がかかったのだろうか?ふと気がつくと森の先にが行き止まりになっていた。父は「道を間違えたんだろう」と言い、バックで車を走らせた。 するとさっき来た道には無かったはずの小さい小道があった。その奥はどうやら吊り橋があるみたいだった。父は道の端っこに車を止め、その道の奥へと消えていった……
しばらくしてから父は戻ってきて「あっちにキャンプ場があったぞ」と言った。僕たちは荷物をまとめてその道の中へと入っていった。
着くとすぐにわかったのは所狭しと並んでいる丸太小屋である。他の人たちはみんなワイワイ楽しんでいた。ここのキャンプ場のオーナーが手渡してくれたのは丸太小屋の鍵である。オーナーは
「何かあればフロントまで来てください」と言いその場をさっさと行ってしまった。僕たちは鍵についている102と書かれた丸太小屋を探した。
098…099…100…101と通りすぎていきついに102と書かれた丸太小屋を見つけた!
ドアを開けるとギィィと木がきしむ音がした……
中にはいるともの凄い悪臭がした。僕は鼻を思い切りつまんで言った「くさすぎ!!」と言うと父が「そうか?これが木の臭いだぞ」と言い返してきた。あり得ない…木の臭いぐらい誰でもわかる。
この臭いは…まるで腐った肉の臭いだ……
―時は流れ、深夜12時―
さすがの僕もあまりの臭さに眠れなかった。父はいびきをかいて眠り、母はスースー言って眠っているし、妹も熟睡している。僕は車の鍵をもって外に出た。すごくいい臭いだった。もうみんな寝たのかすごく静かだった。僕は月明かりに照らされながら小道を通って車を鍵で開けようとした時ふと僕の足下を何かが通った。足下に目をやると一匹の子狐がいた。僕は辺りを見回した。親狐どころか誰もいない森の道で僕は一人立ちすくんでいた。すると子狐がこちらを見た。その瞳の奥は冷たく、悲しいのであった。すると車の中からなにか視線を感じた。恐る恐る振り向くと車の中には……髪が長く、顔まで隠れていて髪の間から悲しい瞳をこちらに向けている女性が居た。僕はその場で気を失った……目が覚めるとそこはあの暗い夜道ではなかった。そこは明るい太陽に照らされた道であった。夜起きたことを家族に話すと、みんなに笑われた。いったい僕のみた女の人は誰だったのか……
ホラー小説人  12/28 11:28
まだ制作中です。もうしばらくお待ちください。
ホラー小説人からの第一作目 をマッシュアップした作品

satoru.net 2008.2